TOP >香港その他 > 香港法人のBR更新&AR提出の手続き

香港法人のBR更新&AR提出の手続き

香港法人の運営上、毎年必ず行わなければならない手続きがあります。香港法人が年次でどのような手続きを行う必要があるのかをご紹介します。

1.年度更新手続(BRの更新)

事業登録証明書(Business Registration、略称BR)とは香港で事業を行う際に必要となるものであります。社名、法人番号、住所、業務内容、有効期間などが記載されています。ただし、日本でいう履歴事項証明書(登記簿謄本)とは異なり、有効期限は通常1年となっており毎年更新が必要となります。

2.年次報告書提出手続(ARの提出)

年次報告(Annual Return、略称AR)とは、香港法人が香港会社登録所に提出する年1回の報告資料です。ARには、社名、法人番号、住所、株主、株式数、取締役情報、秘書役情報などが記載されています。これも日本の履歴事項証明書(登記簿謄本)とは性質が異なっておりますが、しいてあげるならばこのARが履歴事項証明書(登記簿謄本)に当たると思われます。香港法人は設立後1年たつとARを香港会社登録所に提出する必要があります。正確には毎年度の登録周年日から42日以内が提出期限となっております。

3.年度更新を忘れてしまった場合

事業登録証明書(BR)の年度更新を失念していた場合、滞納期間に応じた利子や罰金が発生します。また、年次報告書(AR)については、提出期限である42日を過ぎると、提出遅延の程度に応じたペナルティーが課せられます。長期的に滞納が続くと、銀行口座の閉鎖や政府からの督促状が届くこともあります。

もし香港の会社設立や香港進出のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。汐留パートナーズグループの香港ビジネスに精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




香港進出支援.com
  • 香港進出の形態
  • 香港法人設立サービス
  • サービス内容
  • 香港人事サービス
  • オプションサービス
  • サービス内容
  • サポート事例
  • 運営者
  • 今すぐお問い合わせ

お問い合わせ

日本の皆様が香港でビジネスをするに当たっては、まずは香港で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループ及び現地提携先CACは、香港での会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「香港進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
香港で会社を設立したい日本の皆様へ
汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス


汐留行パートナーズグループ
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら

記事一覧

カテゴリー