TOP >香港その他 > マカオ(澳門)の地理的・政治的・経済的状況について

マカオ(澳門)の地理的・政治的・経済的状況について

マカオは正式名称を「マカオ特別行政区」といいます。日本人にとってあまり馴染みのないマカオですが、中国の南方にあるカジノの都市というイメージはあります。マカオの地理、政治、歴史について、簡単に知っておきましょう。

1.南北に12キロしかない特別なマカオ

マカオは北側の中心街、花地瑪堂区(ファティマ堂区) のあるマカオ半島と、南方に浮かぶタイパ島、コロアネ島、それにマカオ空港の人工島などからなる小さな都市です。マカオの東側は珠江の下流域にあたり、珠江と東シナ海の境目にマカオは位置しています。30.3km2しかない土地に、2015年時点での人口は、64万人を超えています。東京の山手線の内側が63km2しかないと言えば、把握しやすいでしょうか。

南方のタイパ島とコロアネ島は独立した2つの島でしたが、1970年台に埋め立てられて地続きとなりました。マカオ半島とタイパ島は、西海大橋、マカオ・タイパ大橋、友誼大橋の3つの橋により連結されています。マカオと中国本土を結ぶ道は、マカオ半島の市街地の最北端に一箇所と、南方のコタイ地区にあります。

2.見どころ凝縮マカオの観光

マカオ北部の市街地は、昔からマカオの中心であり、最も住人と観光客が多い地域です。最も注目が集まるのは、ユネスコ世界遺産に登録されているマカオ歴史地区です。マカオがポルトガル領の頃に建てられた、幾つもの古びた建物が残されています。聖ポール天主堂跡は、日本では徳川家康の時代に建てられた、イエズス会による建築の石造天主堂です。

17世紀初めに日本人キリスト教徒が、この天主堂の彫刻を施しており、日本人にも深く関係する遺跡です。聖ローレンス教会は1884年に建築された古い教会で、日本に馴染み深いフランシスコ・ザビエルの像が安置されています。マカオ博物館、セナド広場を代表として、マカオ半島全体にみどころが凝縮されています。

また、マカオはF1、バレーボール、トライアスロンなどの国際大会も開催される都市として知られます。

3.マカオの歴史を変えたポルトガル人

1513年にポルトガル人がマカオを訪れた時、現在のマカオの運命は決定付けられました。当時の16世紀のマカオは日本の長崎とも交易しており、フランシスコ・ザビエルによっても結びついていました。1887年にはポルトガルは正式にマカオの支配者となり、その支配は1999年12月に中国に返還されるまで続きました。

4.マカオの政治について

中国には特別行政区と呼ばれる、通常の中央政府の管理とは異なる土地があります。香港、マカオがそれに該当し、香港は元はイギリス領、マカオは元ポルトガル植民地でした。マカオは1999年までポルトガル領だったのは記憶に新しいところです。マカオの最高責任者は、マカオ特別行政区初代行政長官といい、各業界の委員から代表が選ばれ、中国政府から任命を受けます。

特別行政区初代行政長官の下には行政会があって、マカオの政治を取り仕切っています。マカオ特別行政立法会の議員は、マカオの住人による選挙によって選ばれます。日本では「中国には国民に寄る選挙がない」というイメージですが、実はマカオに限らず国民による議員選挙は行われています。

もし香港の会社設立や香港進出のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。汐留パートナーズグループの香港ビジネスに精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




香港進出支援.com
  • 香港進出の形態
  • 香港法人設立サービス
  • サービス内容
  • 香港人事サービス
  • オプションサービス
  • サービス内容
  • サポート事例
  • 運営者
  • 今すぐお問い合わせ

お問い合わせ

日本の皆様が香港でビジネスをするに当たっては、まずは香港で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループ及び現地提携先CACは、香港での会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「香港進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
香港で会社を設立したい日本の皆様へ
汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス


汐留行パートナーズグループ
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら

記事一覧

カテゴリー