TOP >香港について > 香港の有名な観光スポットの紹介

香港の有名な観光スポットの紹介

1997年に中国に返還されたものの、未だ中国と完全に同化はせず、一国二制度の象徴となっているのが香港です。中国にありながらイギリス統治下の文化の影響を色濃く残している地域でもあります。また、国際金融センターとして、金融の世界でも重要な役割を果たしているのが香港です。今回はそんな香港の文化と歴史を知るために有名な観光地をいくつか紹介したいと思います。

1.香港の歴史と文化を学べる歴史博物館

1つ目の観光地は香港歴史博物館です。香港を知るためにはまずその歴史を学ぶ必要があります。この香港歴史博物館で香港の歴史と文化を学べます。この香港歴史博物館では先史時代から始めまり、イギリスや日本統治下の香港の様子も分かります。また、当時の街並みや人々の生活も知る事が出きて、とても興味深いスポットになります。

2.お茶の文化が学べる茶具文物館

また、茶具文物館も興味深いスポットです。イギリスに長年統治されていたこともあり、香港でもお茶を楽しむ文化は発達しました。茶具文物館では、お茶の入れ方から宋、元、明の時代の珍しい茶器等が展示されています。また、隣の建物ではお茶を飲む事も出来るので、一息つきに訪問するのもよいかもしれません。

3.100万ドルの夜景が楽しめるビクトリア・ピーク

これまで紹介したスポットは香港の歴史を学ぶためのスポットですが、現代の香港を象徴するスポットとしてはビクトリア・ピークがあります。ビクトリア・ピークは香港の中で一番高い山になります。ビクトリアピークにはピーク・タワーと言う展望台やショッピングモールなどの複合施設さらに有名人の人形で有名なマダムタッソー蝋人形館等があります。ここから眺める夜景はまさに「100万ドルの夜景」、この夜景を見るためだけにでも訪れても損はないスポットになります。

4.香港の人々の信仰に触れる嗇色園黄大仙廟

また、香港の人の信仰を集めている寺院が嗇色園黄大仙廟になります。ここでは香港の人達がご利益を願ってお参りしている姿が見られます。お線香の煙と香りが立ち込めており、香港らしい雰囲気が感じられる場所です。香港の人々の信仰に触れるためにも訪れてみてはいかがでしょうか。

5.香港の人々の日々の生活を感じられる女人街

最後に紹介するスポットは香港の人の日々の生活を感じる事が出きるスポットである屋台街の「女人街」です。女人街はその名の通り、女性用の衣服や雑貨が中心となっています。しかし、露店の裏には屋台なども並んでおり、香港の人々の生活を肌で感じる事が出来るスポットになっております。

以上、香港の観光スポットを5つほど紹介させて頂きました。香港の人を知るためにはその歴史・文化に触れる必要があります。ぜひ、これらのスポットを訪れる事で香港への理解を深めてみてはいかがでしょうか。

もし香港の会社設立や香港進出のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。汐留パートナーズグループの香港ビジネスに精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




香港進出支援.com
  • 香港進出の形態
  • 香港法人設立サービス
  • サービス内容
  • 香港人事サービス
  • オプションサービス
  • サービス内容
  • サポート事例
  • 運営者
  • 今すぐお問い合わせ

お問い合わせ

日本の皆様が香港でビジネスをするに当たっては、まずは香港で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループ及び現地提携先CACは、香港での会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「香港進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
香港で会社を設立したい日本の皆様へ
汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス


汐留行パートナーズグループ
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら

記事一覧

カテゴリー