TOP >香港の雇用 > 香港の労働法・雇用条例について

香港の労働法・雇用条例について

本日は、香港の労働法・雇用条例についてご紹介します。

1.香港の労働法

香港は、中国の一部でありながらも、かつてはイギリスの領土であったこともあり、独自の雇用条例をしいています。この雇用条例が日本における労働基準法に当たるものですので、もしも、香港で労働をする場合、もしくは香港で事業を行い、人を雇うような場合には、雇用条例にしっかりと関心を持ち、調べておく必要があります。こちらでは香港の労働法について簡単にまとめてご紹介いたします。

2.香港の法定労働時間

香港の法定労働時間は、日本と違って定められてはいません。そのため、かなりの時間を労働に充てられている方もいますし、そこまで長い時間働いていない方もいます。それについて法律で咎めらえるようなことはありませんが、2013年には標準労働時間委員会が発足し、標準労働時間の設定を目指しています。

3.休日について

休日は少なくとも7日に1回は与えられます。休日に働く場合には休日手当が支給されるか、30日以内に振替休日与えられるように定められています。休日手当は平均日額相当額を支給すれば良いとされていますが、多くの場合では割増賃金が支給されています。

他の休日としては、法定休日日があります。法定休日は12日間がまず定められており、これとは別の休暇条例によって5日間の休日が与えられるようになっています。もちろん、法定休日の出勤である場合にも振替休日を与えなければなりません。

他には年次有給休暇が7日から14日与えられています。日本よりも日数は少ないのですが、1年以上継続雇用されている従業員に付与されます。また、10日を超える有給休暇の買取も可能です。病気休暇は連続して4回以上病気で休んだ場合、医師の診断書の提示をすれば、会社から傷病手当が支払われます。

4.その他

まず、香港では年末にボーナスとして、1ヶ月分の給与が支給されます。他にも業績連動ボーナスも支給される場合もありますが、年末ボーナスが必要なのは前提です。また、香港で法定されていることに、台風や豪雨が凄まじい場合に従業員を帰宅、避難させることが義務付けられています。こちらも日本と比べるとはるかに違っていることです。

また、労災保険制度も設けられています。この制度では、従業員の労働災害に対しては補償が義務とされているのですが、日本が強制保険であるのに対して、企業が独自値に保険会社を通じて保険に加入をすることになります。そのため、保険の内容が企業ごとに違う場合もあるので、香港で労働をする場合に注意をしておく必要があります。なお、雇用者となる場合はどのような保険があるかを調べるのがおすすめです。

もし香港の会社設立や香港進出のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。汐留パートナーズグループの香港ビジネスに精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




香港進出支援.com
  • 香港進出の形態
  • 香港法人設立サービス
  • サービス内容
  • 香港人事サービス
  • オプションサービス
  • サービス内容
  • サポート事例
  • 運営者
  • 今すぐお問い合わせ

お問い合わせ

日本の皆様が香港でビジネスをするに当たっては、まずは香港で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループ及び現地提携先CACは、香港での会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「香港進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
香港で会社を設立したい日本の皆様へ
汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス


汐留行パートナーズグループ
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら

記事一覧

カテゴリー