TOP >香港その他 > 香港の高層ビルTOP5の特徴について

香港の高層ビルTOP5の特徴について

香港は世界有数の超高層ビルが立ち並ぶ都市です。もっとも高い高層ビルはどんな特徴を持っているでしょう。本日は香港の高層ビルTOP5の特徴についてご紹介します。

1.環球貿易広場(ICC)

九龍の油尖旺区のユニオンスクエアの環球貿易広場(世界貿易センター・ICC)は、2010年に竣工しました。地上484メートル、118階建ての建物は、2016年現在香港でもっとも高い超高層ビルです。建物の低層に「圓方(ELEMENTS)」というショッピングモール、中層階までは企業のオフィスが入り、上層の15フロアには階には、ザ・リッツ・カールトン香港-九龍(The Ritz-Carlton Hong Kong Kowloon)が入居しています。48階および49階にスカイロビー(空中大堂)があり、100階(高さ393m)にある観光用展望台「Sky100(天際100)」は香港全域を見渡せる場所として人気のスポットです。

2.国際金融中心

香港島の市街地の中西区中環地区にある国際金融中心は、ビクトリア港に面して、オフィス、ショッピングモール、ホテル、映画館からなる複合施設で、完成したのは2005年のことです。国際金融中心の第二期と呼ばれるタワーは、地上415.8メートル、88階建ての高さがあり、香港では2016年現在で2番めに高い高層ビルとなっています。国際金融中心には香港駅が接続しており、香港国際空港と市街地を結んでいる「機場快綫」と、「東涌線(Tung Chung Line)」が駅に乗り入れています。IFCモールには150店以上もの店舗が出店しており、日系のファッションブランドなどの姿もあります。

3.セントラルプラザ

香港東北部の湾仔 (Wan Chai) 地区にある高層ビルで、香港では3番めの高さがあります。地上374メートル、78階建ての規模で、1992年に完成してから1996年まではアジア一高いビルとなっていました。全体がオフィスになっていますが、最上階には教会があって、世界一高い場所にある教会です。46階のフロアはスカイロビーとして、一般に開放されている眺望を楽しめる場所です。

4.中国銀行タワー

香港島北部にある中西区の金鐘 (Admiralty) に位置している、中国銀行本店が入居している超高層オフィスビルです。英語名はBank of China Towerで、中国語では中銀大廈と表記します。1990年に完成した当初は、アジアで最初の300メートルを超えるビルでした。三角系のトラスの枠組みを持っているのが特徴的です。

5.ザ・センター

香港島の北部に位置する中西区の中環(Central)と上環(Seung Wan)の地区の間にある超高層ビルです。1998年に完成した建物は地上346メートル、73階建ての規模があります。建物の低層部には公開スペースがあり、また大型の街頭ビジョンが情報を映し出しています。夜間にはビル外壁のカーテンウォールが虹色に点灯して、遠方からでもこのイルミネーションが見られます。

もし香港の会社設立や香港進出のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。汐留パートナーズグループの香港ビジネスに精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




香港進出支援.com
  • 香港進出の形態
  • 香港法人設立サービス
  • サービス内容
  • 香港人事サービス
  • オプションサービス
  • サービス内容
  • サポート事例
  • 運営者
  • 今すぐお問い合わせ

お問い合わせ

日本の皆様が香港でビジネスをするに当たっては、まずは香港で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループ及び現地提携先CACは、香港での会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「香港進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
香港で会社を設立したい日本の皆様へ
汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス


汐留行パートナーズグループ
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら

記事一覧

カテゴリー