TOP >香港その他 > 香港ディズニーランド・リゾートとは?

香港ディズニーランド・リゾートとは?

本日は、香港ディズニーランド・リゾートについてご紹介します。

1.香港ディズニーランド・リゾートとは?

世界には6つのディスニーランドリゾートがあります。日本、カリフォルニア、フロリダ、上海、香港、フランスの6つです。その中でも、敷地面積やアトラクション数が最も少ないと言われているのが「香港ディズニーランド」です。

香港ディズニーランド・リゾートは、アジア地域では日本の次で2番目、世界では5番目にオープンしました。

2.施設情報

事業主体は、ウォルト・ディズニー・カンパニーと香港政府です。香港政府は、ディズニーランドの誘致を積極的に行い半額を出資しています。施設面積は126ヘクタールと世界で最小のディズニーリゾートとなります。

住所は、中国香港荃湾区ランタオ島ペニー湾で、ランタオ島は香港市街地からは少し離れています。市街地から電車(地下鉄)を利用した場合、所要時間は約30分程度、香港空港からタクシー(緑色のタクシー)に乗れば15分程度、香港空港から地下鉄だと約20分程度かかります。

香港ディズニーランド・リゾートのチケットは、1dayと、1週間のうち都合の良い2日間利用できる2dayチケットがあり、料金は、大人HK$350(約4500円)、子供(3歳以上)HK$250(約3200円)(0-2歳は無料です。)、高齢者(65歳以上)HK$170(約2200円)となっています。
※1HK$=12.94円のレートで計算

3.沿革

香港ディズニーランド・リゾートの沿革についてご紹介します。

1999年 11月に香港にディズニーランドが建設されることが発表される
2003年 起工式が執り行われ、工事がスタート
2005年 香港ディズニーランドがオープン

しかし、オープン後の初の大型連休でさえ、香港政府が見込んだ来場客数50万人は達成できず、それより大幅に少ない42万人となりました。そして、オープン1年目の年間来場客数は520万人と、期待していた中国からの集客が少なく、かなりの計画未達となりました。なお、東京ディズニーランドの年間来場客数は3000万人を超えています。

立て直しを求められたウォルト・ディズニー・カンパニーと香港政府は互いに協力し、パーク内を拡張し、アトラクションの数を増やす計画を立案・実行します。

2011年 5番目のテーマランドとなる「トイ・ストーリーランド」が完成
2012年 6番目のテーマランドである香港ディズニーランドオリジナル「グリズリー・ガルチ」オープン

拡張計画が功を奏し、入園者数が徐々に増加し過去最高人数の670万人が来園することになり、開園後初の黒字に転じます。

2013年 7番目のテーマランドである香港ディズニーランドオリジナル「ミスティック・ポイント」がリリース

香港ディズニーランドのシンボルは、東京ディズニーランドのシンデレラ城とは異なり、眠れる森の美女の城となっており、やや小さく、中に入ることはできません。香港ディズニーランドはかなり空いておりますので、東京ディズニーランドの混雑ぶりや行列が不得意な方でも満喫できる場所かもしれません。

もし香港の会社設立や香港進出のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。汐留パートナーズグループの香港ビジネスに精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




香港進出支援.com
  • 香港進出の形態
  • 香港法人設立サービス
  • サービス内容
  • 香港人事サービス
  • オプションサービス
  • サービス内容
  • サポート事例
  • 運営者
  • 今すぐお問い合わせ

お問い合わせ

日本の皆様が香港でビジネスをするに当たっては、まずは香港で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループ及び現地提携先CACは、香港での会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「香港進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
香港で会社を設立したい日本の皆様へ
汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス


汐留行パートナーズグループ
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら

記事一覧

カテゴリー