TOP >香港その他 > 香港の「天后」エリアについて

香港の「天后」エリアについて

地元の人たちの生活を見てみたい、彼らが食べるローカルフードを満喫したいなど、香港という国に密着した旅を満喫したいという人にお勧めのエリアが天后です。ここは繁華街であるコーズウェイベイの西側、ビクトリアパークを超えたところに位置しています。交通の便もよく、最近ではホテルも増えてきたエリアです。

本日は、香港島の中心街に接する天后エリアの魅力についてご紹介します。

1.概要

天后は香港東北部に位置し、ビクトリア湾に面する銅羅湾エリアの東の部分を指す地名です。鉄道路線の港島線天后駅があり、香港の2階建てのバス路面電車が天后地区の主要路線を走っています。東側は子馬山という、小高い山の森林地帯が接しています。

2.特徴

銅羅湾は香港島の商業とビジネスの中心地としての役割を持ち、銅羅湾の東側の地区である天后でも、商業ビルやオフィスビルが立ち並ぶほか、高層住宅としての顔もあります。香港島ではもっとも有名な公園の一つである維多利亞公園(ビクトリア・パーク)が西側に隣接しており、南側に同ラワン運動場はテニスコートやサッカー場、香港中央図書館のある憩いの場となっています。天后という地名の由来になっているのは銅鑼湾天后廟で、この地域でメインとなる観光名所です。

3.ビジネス

天后駅の北側に南北に伸びる電気街の付近は、天后のなかでも人通りの多く見られる商店街です。電気街付近は香港にどこにでもあるような繁華街の街並みですが、ところどころに日系のレストランや小売店の姿も見られます。

4.観光地

(1)銅鑼湾天后廟

天后駅前の銅鑼湾天后廟は、すこし高台に上がった先の天后廟公園の中にあります。1747年に建立され、19世紀に改築されたという古い廟所で、客家とよばれる独特な文化を持つ人々が建築したとのことです。建物は灰色をして、屋根の軒先には日光東照宮のような複雑な彫刻が見られます。内部には天后聖母と呼ばれる海上守護神を祀っています。今は海は見えませんが、かつては丘の上に建つ廟所から銅羅湾がよく見えたのでしょう。

(2)維多利亞公園(ビクトリア・パーク)

維多利亞公園(ビクトリア・パーク)は、天后地区の西から銅羅湾まで広がっている広大な面積をもつ公園です。20世紀半ばまでこの場所にあった、銅鑼湾避風塘と呼ばれる漁船の停泊施設を埋め立て、1957年に完成しました。ビクトリアという名前は19世紀から20世紀初頭にかけてイギリス王国の支配者であった、ビクトリア女王に由来しています。そのため園内には1897年製の、女王の立派な銅像が立っています。全体として緑が豊かな公園で、西側には樹林にかこまれた芝生の広場が広がっています。足球場と呼ばれるサッカーコートが全6面もあり、国際大会の行われるテニスコート、スケートリンク、プールなどの施設が集まっています。スポーツ観戦や体験には欠かせない公園になります。

(3)紅香爐峰

市街地の東側にある子馬山という低い山の、眺めの良い展望スポット、紅香爐峰へ足を運んでみましょう。紅香爐峰からはビクトリア港の両岸の中環や九龍をはじめとした高層ビル群や山岳の地形を見渡すことができます。

5.夜景はここで

香港は美しい夜景が見れることで有名な場所です。特にビクトリア港周辺のハーバービューは人気のある夜景スポットです。この夜景を見られる人気ホテルが天后エリアにいくつかあります。そのうちの一つが港島海逸君綽酒店(ハーバーグランド香港)です。

香港島の中心から少し離れているところに位置してるホテルだからこそ、広範に渡る香港の夜景を楽しめるスポットとなっています。五星ホテルであるだけあって、天井の高いロビーには豪華なシャンデリアによって美しく飾られています。四十一階建てのこのホテルは七階から四十階が客室となっており、全室ハーバービューとなっています。また四十二階には展望フロアがあり、ここから見る景色は最高です。また三階にはプールがあり、ここからも夜景を眺めることができます。

6.グルメ

天后エリアで地元のローカルグルメを楽しみたければ電気道に向かうことをお勧めします。ここには華姐清湯腩という麺屋があります。この通りの中にある人気店の一つで、昼食時や夕食時には行列ができるほどです。ここでの人気メニューは牛肉の煮込みが入っているもので、よく日本のおでんに似た味であると表現されます。

またお隣の台湾の料理を楽しむことができる、風尚台灣小吃もお勧めです。ここでは肉燥飯や紅焼牛肉麺といった台湾で有名な料理を食べることができます。気軽につまめる量の料理もあるために、ちょっと小腹が空いたときに立ち寄れる店でもあります。またか価格がリーズナブルであるのも人気の理由の一つです。

7.スイーツ

香港スイーツの人気は衰えることを知りません。この地を訪れたら、ぜひとも香港スイーツを試してみたいと思っている人は大勢います。天后エリアでお勧めのスイーツ店は満記甜品です。現在では中国やシンガポールにも支店を出すほどの人気店で、マンゴーやドリアンといった東南アジアのフルーツを使ったデザートや、小豆とココナッツミルクを使用した香港風お汁粉などが有名です。

一見すると日本でも食べられそうなスイーツがたくさん販売されていますが、亀ゼリーや生姜を使ったメニューなども多く、ここでしか味わえないものが揃っています。

もし香港の会社設立や香港進出のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。汐留パートナーズグループの香港ビジネスに精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




香港進出支援.com
  • 香港進出の形態
  • 香港法人設立サービス
  • サービス内容
  • 香港人事サービス
  • オプションサービス
  • サービス内容
  • サポート事例
  • 運営者
  • 今すぐお問い合わせ

お問い合わせ

日本の皆様が香港でビジネスをするに当たっては、まずは香港で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループ及び現地提携先CACは、香港での会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「香港進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
インドで会社を設立したい日本の皆様へ
汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス


汐留行パートナーズグループ
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら

記事一覧

カテゴリー