TOP >香港銀行口座 > 香港HSBCの個人口座開設(Personal Account)

香港HSBCの個人口座開設(Personal Account)

先般もご紹介させていただいておりますとおり、HSBC(香港上海銀行)のコンプライアンス強化の関係で、HSBCの銀行口座開設は本当に難しくなってきております。とりわけ英語が話せない人の銀行口座開設に対してはは非常にネガティブであり、日本人渡航者のHSBC個人口座開設が断られるケースが多発しております。

1.HSBCが日本人の口座開設に対して厳しくなっている背景

HSBCはなぜ日本人渡航者への口座開設に対してネガティブになってきているのでしょうか?

理由としてはご想像の通り、

・日本人は英語も中国語が話せないから
・香港居住ではないので所得や財産の捕捉ができないから

という点が中心になろうかと思います。

現在、HSBCは脱税ほう助やマネーロンダリングの再発防止について厳格なルールを定め運用しています。その中で当然のことですが口座開設の際には、口座開設者より資金の出所や用途などにつき英語または中国語で説明を受ける必要があります。したがって、言語の問題でコミュニケーションが取れないということは、そもそも銀行口座を開設するための土台に立てていないということになってしまいます。

2.HSBCが日本人の口座開設を拒否する本当の理由

上述の通り、銀行口座開設が厳しくなってきている背景についてはご理解いただけたと思いますが、実はHSBCが日本人の口座開設を拒否する実際の理由としては、「日本人はたいしたお金を持っていないので結局銀行口座に預け入れる残高も少ないから」という点につきます。大変残念なことです。日本マネーの力はだいぶ弱くなってしまったようです。

中国人富裕層はかなり巨額のお金を持っており、かつ、中国のバブル崩壊に備え香港経由で資金を海外へ逃がしているという現実があります。中国人富裕層は日本への移住を検討している人々も多いですが、香港のビザを取得して香港に移住しているというケースも増加しています。

もはやHSBCは日本人向けにはサービスを提供しないというスタンスだと理解した方が良いかと思います。といいながらも、一方でこれは私達汐留パートナーズの実体験ですが、あるお客様が実際に大きな金額(1億円)を預け入れますというお話をして個人口座の開設を行ったという事例もあります(2015年5月時点)。

3.香港のほかの銀行はどうか?

香港には、スタンダードチャータード、ハンセンバンク、中国銀行、DBS、CITIなど、HSBCのほかにも色々な銀行があります。これらの銀行の個人口座開設についても調査したところ、どうも様子は同じようで、ルールは厳格に運用され以前よりも厳しい状況となっております。

4.口座開設に必要なものリスト

一応のご紹介ですが、口座開設に必要なものとしては以下となります。状況により求められる書類は異なりますし、以下の全てを提出しても口座開設ができない場合も往々にしてあるようです。

・パスポート
・運転免許証
・銀行の残高証明(英文)
・住民票(英文翻訳付)
・日本での収入証明(英文翻訳付)
・預け入れるお金

HSBCの個人口座開設は特別なコネクションがない限りは日本人については難しいというのが現時点の状況であります。従前汐留パートナーズでも個人口座開設についてはサポートを行ってまいりましたが、現時点では個別にご相談というご案内をさせていただいております。

もし香港の会社設立や香港進出のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。汐留パートナーズグループの香港ビジネスに精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




香港進出支援.com
  • 香港進出の形態
  • 香港法人設立サービス
  • サービス内容
  • 香港人事サービス
  • オプションサービス
  • サービス内容
  • サポート事例
  • 運営者
  • 今すぐお問い合わせ

お問い合わせ

日本の皆様が香港でビジネスをするに当たっては、まずは香港で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループ及び現地提携先CACは、香港での会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「香港進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
香港で会社を設立したい日本の皆様へ
汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス


汐留行パートナーズグループ
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら

記事一覧

カテゴリー