TOP >香港その他 > 香港の「ハッピーバレー」について

香港の「ハッピーバレー」について

美しい街として知られている香港ですが、閑静な高級住宅街やローカルチックなお店などがたくさん立ち並ぶハッピーバレーは都会の雰囲気を楽しみつつも、ゆっくりとした時間を過ごしたいという人にぴったりのエリアです。

ここでの有名な観光スポットはなんといってもハッピーバレー競馬場でしょう。ハッピーバレーは香港競馬の発祥の地で、毎年多くの人がこの場所を訪れます。最近では観光ツアーが組まれるほどの人気で、特別席での観戦などが楽しめるオプションが付いたものなどが好まれています。

本日は、このエリアの楽しみ方について少しご紹介したいと思います。

1.概要

ハッピーバレー(跑馬地)は、香港島の中央部に位置する山岳地の谷間の地域です。ハッピーバレーの名前は、イギリス植民地時代に漢字名が黃泥涌谷から快活谷に改められたことにあります。ハッピーバレーは快活谷の直訳です。

北の銅鑼湾や湾仔といった香港島の中心街に隣接し、山に近い場所は高級住宅地となっています。地域の主要施設としては、ハッピーバレー競馬場などスポーツ施設が充実しています。

2.特徴

ビクトリア港に面する賑やかな湾仔区の南部にあたり、周辺は渣甸山や金馬倫山の山林地帯となります。1840年代、イギリス植民地時代に香港で最初に開発された地域でもあり、1846年に開設されたハッピーバレー競馬場は、もともと入植したイギリス人の娯楽施設だったところです。

日本が占領した頃には竹葉峽という名前に改名されていました。香港の高層ビルが立ち並ぶ市街地は目と鼻の先であり、ハッピーバレー周辺の丘の上は、裕福な層向けの居住地としても開発がされてきました。香港トラムのハッピーバレー支線の2階建て路面電車が、街区をぐるりと一周しています。

地形的には丘陵地にあるので、市街地を南方へむかうほど急峻な坂道がどこまでも続くようになります。ハッピーバレー北部の跑馬地遊楽場は、ハッピーバレー競馬場をはじめとしてサッカー場、テニスコート、プールなど各種のスポーツ施設が集まっている地域です。

3.ビジネス

競馬場の南側の地域は、商店やオフィスが集中しているハッピーバレーの中心地です。目抜き通りとなっているのが東側の南北に通る成和道で、高層住宅と共に飲食店をはじめとして各種の商店が並び立っています。

狭い地域なので中環や湾仔ほど大きな企業は見られません。この地域で最大のオフィスは、南方に建っている香港ジョッキークラブのクラブハウスで、名実ともに競馬が主要産業となっている街です。

4.観光地

香港賽馬博物館は、ハッピーバレー競馬場の西側に隣接している競馬の博物館です。香港の競馬における歴史的な展示を集めています。競馬場のある跑馬地遊楽場では、競馬を見に行ったり、サッカー観戦をしたり、テニスを楽しんだりという利用の仕方ができます。

山光道公園の西側の東蓮覚苑は、1931年に建設されたレンガ造りと複雑な造形をした中国様式の建築物で、仏教の教えを導く寺院としての役割を持っています。

隣接している宝覚小学も、日本では中華街でしか見られないような派手な中国様式の外観をもつ学校であり、ハッピーバレーを歩いたら一目見る価値があります。

5.お勧めは路面電車での移動

ハッピーバレーの交通手段ですが、お勧めはトランと呼ばれる路面電車です。路面電車には必ず行き先が表示されるために、ハッピーバレー行きのものを容易に見つけることができます。路面電車は一般道を走るために、住宅街や繁華街の雰囲気を楽しむことができます。

6.エンペラーホテル

ハッピーバレーに位置する高級ホテルとして知られているエンペラーホテルには、毎年多くの芸能人が宿泊します。そのため「有名人に合えるかも」という期待を込めて、このホテルに宿泊してみる人もいるようです。。

室内はヨーロッパの美しい古典建築や装飾によって壮麗な印象を与えるものとなっており、非常に豪華です。また客室も150室とそれほど多くないために、大型ホテルへの宿泊が苦手であるという人にもお勧めできます。

そしてホテル内には有名なレストラン、ゴールデン・バレーがあり、ここでの食事を楽しみ、優雅な休日を過ごすのもいいものです。

7.香港式レストラン

地元の食べ物を思う存分楽しみたいという人は、香港式レストランをお勧めします。しかし物価が高い香港ですので、高級レストランは抵抗があると感じる人もいるはずです。そのような人にお勧めなのがティーブレイクでの香港スイーツです。

たとえば、路面電車のハッピーバレー駅を降り、成和道という通りには祥勝茶餐廳という香港式レストランがあります。ここでは香港式ケーキが比較的安い値段で食べられます。またランチやアフタヌーンティーなどもお手ごろ価格で提供されています。観光客というよりも地元の人を主な対象としているために、ローカルな雰囲気を味わいつつも、美味しいものを食べて楽しい時間を過ごすことができます。

もし香港の会社設立や香港進出のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。汐留パートナーズグループの香港ビジネスに精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




香港進出支援.com
  • 香港進出の形態
  • 香港法人設立サービス
  • サービス内容
  • 香港人事サービス
  • オプションサービス
  • サービス内容
  • サポート事例
  • 運営者
  • 今すぐお問い合わせ

お問い合わせ

日本の皆様が香港でビジネスをするに当たっては、まずは香港で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループ及び現地提携先CACは、香港での会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「香港進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
インドで会社を設立したい日本の皆様へ
汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス


汐留行パートナーズグループ
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら

記事一覧

カテゴリー