TOP >香港その他 > 香港の「赤柱(スタンレー)」エリアについて

香港の「赤柱(スタンレー)」エリアについて

本日は、香港の南部にある赤柱(スタンレー)についてご紹介します。

1.概要

赤柱(スタンレー)は香港島の南部の赤柱半島に位置する街区です。ビーチや観光スポットのある高級リゾート地として位置づけられています。現在は海に面していながらも、山がちな地形のなかに立つ住宅地、海沿いの商業地、南部の軍事地区を中心としています。

2.特徴

香港のビクトリア港周辺に大きな街がなかった頃、香港でもっとも栄えた市街地となっていたのが赤柱の漁村でした。周囲を海に囲まれ、半島など土地が入り組んでいる美しい街であることから、イギリス植民地時代にはイギリス人などが好んで居住し始めるようになります。

その頃に軍事施設や赤柱監獄などの施設も作られ、軍事の拠点としても位置づけられていました。現在も赤柱南部には赤柱監獄と監獄職員宿舎、警察職員宿舎などが並んでいます。

赤柱の北にそびえる孖崗山(しこうさん)のなだらかな山麓の森林から海岸線にかけて、地中海風の住宅が建ち並んでいるのが特徴です。香港中心街の喧騒から離れることができるので、保養地、リゾート地としての人気があります。

赤柱までは鉄道がないため、観光客はバスかタクシーで訪れます。香港中心部の中環か金鐘からバスで早ければ30分で、または九龍側のバスを使えば1時間半以内という距離です。2階建てバスに乗って赤柱へ向かえば、途中の海の景色が良く見えます。香港市街から日帰りで訪れることもできますし、現地のホテルに泊まることもできます。

3.ビジネス

赤柱はオフィスが立ち並ぶような街並みはなく、中心部ではテントの中での販売などがよく見られます。赤柱の中心部の赤柱新街と赤柱市場道に沿って全体にテントが張られ、商店が複雑に迷路のようにしてひしめいている、赤柱街市空地小販市場(スタンレーマーケット)が名所です。様々な種類の中国ならではの商店があり、外国人観光客で賑わいを見せています。

赤柱湾に沿った赤柱海浜長廊というプロムナード沿道に、赤柱海濱小賣亭(スタンレー・ウォーターフロントマート)のおしゃな商店が並んでいます。海浜長廊そばの赤柱大街の道を西へ向かうと、赤柱広場という大型ショッピングモールが建っています。赤柱は観光客向けグルメにショッピングにというビジネスが中心にある印象です。

人気リゾート地であるためかなりの高級物件が並んでいますが、赤柱のビジネスの柱となるのは、不動産によるリゾート物件の販売業も同様です。

4.観光地

赤柱は東側と南側に海水浴場を備えています。東側にあるのは赤柱正灘泳灘(スタンレーメインビーチ)で、南北に400メートルほども砂浜が伸びています。南方のもう一つのビーチは、聖士提反泳灘です。美利樓(マレーハウス)は1846年に建築されたという、香港の西洋建築ではもっとも古い建物で、香港海事物館やレストランがあります。

隣接している天后廟は地元の人が参拝をしている神社のような存在です。現地人の真似をしてお参りをしてみるのもいいかもしれません。赤柱馬坑公園(Stanley Ma Hang Park)は、赤柱湾に面している高低差のある森林公園です。海に突き出た赤柱卜公碼頭(Blake Pier at Stanley)や、北帝廟や観音廟、観音寺などのスポットも公園内にあります。

香港懲教博物館は、赤柱監獄の近くにある監獄の歴史を展示する博物館です。ちょっと怖い印象のある展示が人気です。

もし香港の会社設立や香港進出のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。汐留パートナーズグループの香港ビジネスに精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




香港進出支援.com
  • 香港進出の形態
  • 香港法人設立サービス
  • サービス内容
  • 香港人事サービス
  • オプションサービス
  • サービス内容
  • サポート事例
  • 運営者
  • 今すぐお問い合わせ

お問い合わせ

日本の皆様が香港でビジネスをするに当たっては、まずは香港で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループ及び現地提携先CACは、香港での会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「香港進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
インドで会社を設立したい日本の皆様へ
汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス


汐留行パートナーズグループ
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら

記事一覧

カテゴリー