TOP >香港その他 > 香港の「上環」エリアについて

香港の「上環」エリアについて

中環はどちらかというと、高層ビルが多くあってビジネス街の様相を呈しています。そこから西に行くとより歴史的なスポットが多くなり、ここが上環エリアとして知られています。観光では中環のイメージが強いという人も多いですが、実は上環には香港の歴史を感じることがができる建物がとても多く、観光客も多くの人が訪れるようになっています。本日は「上環」エリアについてご紹介しします。

1.西港城

地下鉄MTRの上環駅の目の前にあるレンガ造りの建物が、西港城というものがあります。これはまさに上環のランドマーク的存在になっているスポットです。とくにここは1851年に、食品市場としてつくられた建物です。いまではレストランやブティックなど、さまざまなお店が入っているデパートのような感じになっています。とくにここでのショッピングはおすすめです。観光で香港に訪れている人にもぜひおすすめしたいスポットだということができるでしょう。

満記という西貢のとても人気のデザートショップができていて、ここは観光客をはじめ地元の方にも大変に高い評価を得ています。とくにマンゴースイーツが人気のショップです。マンゴーが好きだという人にはおすすめできます。

80M巴士専門店という地下にあるおみやげ物屋さんもとても人気です。ここでは香港でおなじみの地下鉄やバスのミニチュア模型が多くおかれていて、香港のおみやげとしては最適です。

2.摩羅上街

西港城の近くには、摩羅上街というスポットもあります。ここはキャットストリートという名称で親しまれています。キャットストリートといえば渋谷から原宿にかけての通りにも同じ名称があります。

香港のキャットストリートはもっと雑然としていて、蚤の市のような感じになっています。いろいろなお店が建ち並ぶ通りになっているので、ここを歩いているだけでも十分楽しむことができます。とくに観光客が多くなってきているということで、観光客を対象にしたキーホルダーなどのおみやげグッズを扱うお店が多くあるのが特徴になっています。

歴史を感じさせる香港の昔のポスターであったり、毛沢東の置物であったり、いろいろな香港の歴史が漂うガラクタのようなアイテムが多くあるのも特徴です。香港好きやマニアの方にはたまらない場所にもなっています。ここでは、価値のある掘り出しものが多くあるということでも知られています。アジアの雑貨が好きという人におすすめです。150mくらいの通りなので、気軽に歩けるのも魅力です。

もし香港の会社設立や香港進出のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。汐留パートナーズグループの香港ビジネスに精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




香港進出支援.com
  • 香港進出の形態
  • 香港法人設立サービス
  • サービス内容
  • 香港人事サービス
  • オプションサービス
  • サービス内容
  • サポート事例
  • 運営者
  • 今すぐお問い合わせ

お問い合わせ

日本の皆様が香港でビジネスをするに当たっては、まずは香港で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループ及び現地提携先CACは、香港での会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「香港進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
香港で会社を設立したい日本の皆様へ
汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス


汐留行パートナーズグループ
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら

記事一覧

カテゴリー